2019年1月15日火曜日

幼児探検クラブ1月ファミリー例会~地域の自然と共に~

1月12日(土)は幼児探検クラブ1月ファミリー例会でした。学園都市にある高塚山にて家族で冬の自然遊びを思う存分に楽しみました!

学園都市のYMCAからグループごとに高塚山へ出発です。

高塚山の入口から上に登っていくと学園都市の町から須磨の方まで一望できます。

山の中に入っていくと子どもたちは大人より一足先に崖を登って滑り降りる遊びを始めました。

みんなが山の中に集まり、絵本を読みました。さっきまでのにぎやかな雰囲気が急に静寂に変わります。

高塚山愛する会の内藤さんに高塚山について教えていただきました。

絵本の後は子どもと大人に分かれての活動です。



子どもたちはいつものように木に登ったり、岩からジャンプをしたり、崖を登ったり、思い思いに自然の中で自由に遊んでいました。

小学生はクラフトに挑戦です。

大人たちも子どもたちに負けていません。アドベンチャーコースとハイキングコースに分かれて自然遊びをしました。アドベンチャーコースではロープをはった急な斜面を登ったり、下りたり本格的な冒険です。ハイキングコースはゆったりと歩きながら植物を観察したり、クラフトをしたり、神戸の町の景色を楽しみました。

森のコンサート会場ではテントと手作りのこたつを設営しました。

乳児さんやその保護者が集まり、1日だけの森の幼稚園開設です。

お父さんが見つけた冬眠前のカエルをじっと見ています。子どもと大人の遊びが自然の中で混じり合っていきます。

大人も子どももそれぞれに、自然遊びを楽しみ、お昼の時間になるとみんなが森のコンサート会場に集まってきました。


家族みんなで楽しいお昼ご飯の時間です。

ご飯の後、子どもたちはまだまだ遊びます。

大人たちはYMCAに戻ってきて茶話会です。簡単なゲームでグループ分けです。

グループに分かれて、今日の感想や普段の子どもの様子など和気あいあいと話ました。

西神戸YMCAリーダー会会長の下田リーダーから、野外活動についての発表です。普段の活動で大事にしていること、子どもの成長について保護者の方に伝えました。

高塚山で時間いっぱいまで遊んでいた子どもと合流してファミリー例会を終えました。学園都市駅から15分たらずにある高塚山という身近な自然で子どもも大人も夢中になる時間となりました。これからも地域の自然を大事にする気持ちを忘れずに活動を続けていきたいですね!






























2018年12月28日金曜日

ウインターデイキャンプ3日目!

ウインターデイキャンプ3日目最終日は旗振山、鉄拐山、横尾山の三山に山遊びにいきました。3日目ということもあり、初めからエンジン全開で解放的に自然と人と関わりを持つ時間になりました。

塩屋駅からまずは旗振山を目指します。

子どもたちは山道をただ歩くのではなく、周辺のたくさんの自然と関わりを持ちます。

小学生グループは秘密基地作りが始まりました。

グループで意見を出し合い、ツルをや木を使って作っていきます。

立派な秘密基地が完成しました。

鉄拐山の山頂に到着です。

山頂からは明石海峡大橋や淡路島が見えます。空から海に光が差し込み、どこか幻想的な景色が広がります。

草をかきわけ

崖を滑り降り

鉄拐山に到着です!須磨の海が一望できます。

最後は横尾山で温かい飲み物を飲みました。

この3日間、多様な自然環境の中、子どもたちは解放されて、のびのびとたくさんの自然遊びをしました。それが自然に対する感謝の気持ちや他者を思いやる心が育つ体験になったと思います。






2018年12月27日木曜日

ウインターデイキャンプ2日目!

ウインターデイキャンプ2日目はあいなの里山公園で活動をしました。冬の里山の自然と冬の味覚を楽しみました。

バスから降りて早速グループで活動です。昨日よりも子ども達の動きが活発になり、自由に里山で遊びます。


木登り


急な斜面を滑りおります。

葦の草原でかくれんぼ!他にも秘密基地をつくったり、様々な自然遊びを楽しみました。

山から下りてきて、みんなで冬の野菜収穫の体験をしました。

冬の野菜の代名詞でもある、だいこんを収穫しました。

思いっきり引っ張って大きなだいこんが出てきました。


収穫の後は収穫したばかりの大根が入ったトン汁を食べました。


あつあつのトン汁は冷えた体を温めてくれます。


最後にのこぎりとなたで竹切りを体験しました。

冬の大自然を満喫した1日になりました。最終日の3日目は須磨の山に遊びにいきます。明日もいっぱい遊びましょう!